セフレの探し方

セフレとはどういう意味か推察できるかと思いますが、セックスフレンドという単語の略になり、セックスを自由にしたいと思う男女によってつくられる関係のことです。

そもそも、男性のほうがセフレを求めることが比較的多かったと思われますが、最近では女性がセフレを求めるということも少なくありません。だからこそ、セフレを求める人の数自体がかなり増えてきているということもあり、セフレという言葉自体の認知度も上がってきているのかもしれませんね。

では、セフレを探しているという人は、どのようなところでセフレを探しているのでしょうか。

一時期はそれこそナンパなどからセフレの関係に持ち込むということも行われていたようですが、それを全員が行うようではあまりに効率が悪いといえますよね。

現在ではなおさら、そういったナンパなどから相手に興味を持ち、最終的にセフレの関係にまでなるということはまず考えられません。

セフレという言葉はその当時では、恋人としてのつもりで付き合ってみたものの、結果的に別れることになりながらも、セックスの関係だけは続いている、そんな関係のことを指していたものなのかもしれません。

最近では、そういった現実世界でセフレを探すということではなく、ネット上で探されることが多いようです。

セフレ募集が行われているようなサイトも多くありますから、お互いにセフレのことを見つけることが容易になってきているといえます。まず、サイトを見ることでセフレ探しを始めることができるのでしょう。

OL編

数ヶ月前の出来事です、三十路に入っても独身の私は会社の同僚と仕事終わりで飲みに行きました。

今は彼女も居ないし、まあ飲みに行くとなってもいつも男の同僚とです。いつもの飲み屋で飲んでると、同じく会社帰りらしい女性グループがすぐ隣どうしの席にやってきました。

どうもこういうキャリアウーマン風の子達ってそれなりに着飾って隙が無く綺麗に見えるから、余計声なんてかけれないしとは言え思いっきり気にはなります。

その時はちょっとお酒が入ってた事もあって、たまたまトイレに立ち上がった時にグラスの飲み物をこぼしちゃったんです。横に居た子が気を利かせてすぐ店員を呼んで綺麗にしてくれたんですが、とっても恥ずかしいやら、自分でも格好悪い感じでした。

まあ結果としては、そんな事がきっかけで色々お話しする事も出来てよかったんです。

帰りにはその隣の子がそっと握らせてくれたメモには何と携帯番号がメモしてありました!お酒も入っていたので、そのまま思い切って電話をかけると「まだ飲み足りないからどっか行こっ」と軽いノリで誘われ、二人で二次会へと繰り出しました。

「たまに相手してくれる?」とか言われてしまって、この「たまに」って割り切って遊びましょうって事かな、ってすぐにピンと来ました。

セフレを見つけるチャンスってどこに落ちているか分かりませんね。

だってそれからその子とは何度か会って、会うたびにセックスしてますし、お互い気軽に楽しめてますから、本当にセフレっていいですね。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ